ニュース
» 2016年03月23日 07時00分 UPDATE

FAニュース:パレットを自動搬送する高可搬重量ロボットを導入

KUKAは、同社の高可搬重量ロボット「KR FORTEC」をMERZが導入したと発表した。同ロボットの導入により、ダウンタイムを低減し、納期を短縮したという。

[MONOist]

 KUKAは2016年3月3日、同社の高可搬重量ロボット「KR FORTEC」をMERZが導入したと発表した。同ロボットの導入によりMERZは、ダウンタイムを低減し、納期を短縮したという。

 KR FORTECは、鋳造・鍛造の現場に対応する、鋳造仕様の重可搬ロボットシリーズとなる。導入されたMERZの加工センターでは、KR FORTECが長さ18mのKUKAリニアユニットタイプ「KL 1500-3」の上を移動し、連続する4つの製造設備で組み立て台の出し入れ作業を担当。組み立てエリア/保管エリア/加工機械の間を動き、機械のパレットと材料のパレットを自動搬送することで、全自動での無休稼働を可能にした。

 また、加工センター内の情報フローにオートーション設備を組み込むことで、ダウンタイムを低減。機械NCデータとツールデータが自動で管理されるため、生産性を最大限まで高めることができたという。

photo 高可搬重量ロボット「KR FORTEC」

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.