ニュース
» 2016年03月23日 09時00分 UPDATE

製造IT導入事例:グローバルでの事業展開に向け、クラウド基盤サービスを導入

NECは、クラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」の仮想サーバ6台と、会計・物流システムなどの基盤サーバ約100台の運用環境としてハウジングサービスをタカラトミーに提供すると発表した。

[MONOist]

 NECは2016年3月9日、タカラトミーに、クラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」の仮想サーバ6台と、会計・物流システムなどの基盤サーバ約100台の運用環境としてハウジングサービスを提供すると発表した。

 タカラトミーでは今回、グローバルでの事業展開に向け、事業を支えるIT基盤としてNEC Cloud IaaSを導入。また、会計・物流などのシステムをハウジングサービスで運用する。両サービスは、いずれもNEC神奈川データセンターから提供されるため、従来のオンプレミス環境での運用に比べて、事業継続性が向上するという。

 また、両サービスはLAN接続され、安全で高速なシステム間のデータ連携を可能にしている。サーバなどのリソース増減や使用率の管理なども可能になるため、システムへの負荷に応じて柔軟にリソース変更ができる。

 さらに、両サービスの導入に併せて、従来はシステムごとに構築していたバックアップ環境の統合や仮想環境のリソース割り当ての最適化を実施。これにより、システム運用管理コストが20%削減できるとしている。

 タカラトミーでは今後、現在ハウジングサービスで運用中のシステムについても、段階的にNEC Cloud IaaSに移行する予定だ。

photo 基幹システム運用の全体イメージ図

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.