ニュース
» 2016年03月24日 17時00分 UPDATE

ニューヨークモーターショー2016:ホンダの高級SUV「アキュラMDX」のフロントグリルは「ダイアモンドペンタゴン」

ホンダは、「ニューヨークモーターショー2016」において、アキュラブランドのクロスオーバーSUV「MDX」のマイナーチェンジモデルを公開。アキュラブランドが新たに打ち出したデザインの方向性を反映し、「ダイアモンドペンタゴン」と呼ぶフロントグリルをなどを採用している。

[朴尚洙,MONOist]

 ホンダは2016年3月23日(米国時間)、「ニューヨークモーターショー2016」(一般公開日:同年3月25日〜4月3日)において、アキュラブランドのクロスオーバーSUV「MDX」のマイナーチェンジモデルを公開した。アキュラブランドが新たに打ち出したデザインの方向性を反映し、「ダイアモンドペンタゴン」と呼ぶフロントグリルをなどを採用している。

「アキュラMDX」のマイナーチェンジモデルの外観「アキュラMDX」の現行モデルの外観 「アキュラMDX」のマイナーチェンジモデル(左)と現行モデルの外観比較(クリックで拡大) 出典:ホンダ
「アキュラMDX」マイナーチェンジモデルのサイドビュー「アキュラMDX」マイナーチェンジモデルのリアクォータービュー 「アキュラMDX」マイナーチェンジモデルのサイドビュー(左)とリアクォータービュー(右)(クリックで拡大) 出典:ホンダ
「アキュラMDX」マイナーチェンジモデルの内装「アキュラMDX」マイナーチェンジモデルの内装 「アキュラMDX」マイナーチェンジモデルの内装(クリックで拡大) 出典:ホンダ

 従来のMDXのパワートレインに採用されていたのは、排気量3.5l(リットル)のV型6気筒直噴エンジンと9速ATの組み合わせだ。今回のマイナーチェンジでは、「レジェンド」や新型「NSX」に採用している3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」も加わった。MDXのSH-AWDの構成は、排気量3.0lのV型6気筒エンジンと7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)で、最高出力は既存のガソリンエンジンモデルの290HP(216kW)に対して325HP(242kW)を達成した。

 外観デザインは、2016年1月の「デトロイトモーターショー2016」で公開したコンセプトカー「Acura Precision Concept」で示された方向性に合わせて刷新された。フロントグリルやスポーティーさを強調するシャープなフロントフェイスなどにより「ラグジュアリーSUVにふさわしい、より一層洗練されたデザインになった」(同社)としている。

 北米での発売はガソリンエンジンモデルを2016年夏に、ハイブリッドモデルを2016年後半に投入する予定。現行モデルと同じ米国アラバマ工場に加え、2017年初頭からはオハイオ州のイーストリバティ工場での生産も行う。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.