ニュース
» 2016年03月28日 11時46分 UPDATE

作れるのは動きと外観、3DプリンタのXYZからロボット「XYZrobot Bolide」

XYZプリンティングジャパンが、教育分野向けロボット「XYZrobot Bolide(ボライド)」を発売する。動き(モーション)の作成はもちろん、提供される3Dデータで外装パーツを作る楽しみもある。

[渡邊宏,MONOist]
「XYZrobot Bolide(ボライド)」 「XYZrobot Bolide(ボライド)」

 XYZプリンティングジャパンは2016年3月28日、教育分野向けロボット「XYZrobot Bolide(ボライド)」を同年4月6日より販売開始すると発表した。組み立てキット(9万9800円)と完成品(11万9800円)を用意し、組み立てキットはデアゴスティーニ・ジャパンを通じて販売される。

 XYZrobot Bolideは18個の関節を持つほか、姿勢制御用センサー(ジャイロ/加速度)、通信機能(赤外線/Bluetooth)、距離センサー、スピーカーを備えており、付属するモーション編集ソフトにて自由な動きを作成できる。モーションについては公式サイトからのダウンロード提供も行われる予定。付属リモコンならびにiOSアプリからのリモート操作も可能だ。

 サイズは230×141×407(幅×奥行き×高さ)ミリ、2.35キロ。「ダヴィンチ」シリーズなどの3Dプリンタを展開する同社製品らしく、Webサイトで外装パーツ作成用の3Dデータ配布も行われる予定で、3Dプリンタを活用してのパーツ作成も楽しめる。

 完成品は同社Webサイトならびに楽天市場、Yahoo!ショッピングおよびデアゴスティーニ・ジャパン、Amazon、家電量販店、同社販売代理店を通じて販売される。

「XYZrobot Bolide(ボライド)」 PCでのモーション作成も行える「XYZrobot Bolide」

関連キーワード

3Dプリンタ | ロボット開発 | ロボット


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.