ニュース
» 2016年03月29日 07時00分 UPDATE

FAニュース:2.7µmピクセルピッチに対応したマシンビジョンカメラ用レンズ

富士フイルムは、製造ラインの製品検査や計測などで使用する、マシンビジョンカメラ用レンズ「FUJINON HF-12M」シリーズを2016年6月中旬に発売する。画面全域で2.7µmピクセルピッチに対応している。

[MONOist]

 富士フイルムは2016年3月15日、製造ラインの製品検査や計測などで使用する、マシンビジョンカメラ用レンズ「FUJINON HF-12M」シリーズを同年6月中旬に発売すると発表した。

 HF-12Mシリーズは、画面全域で2.7µmピクセルピッチ(2/3型センサー・8メガピクセル相当)に対応した超高解像固定焦点レンズとなる。絞り値F4/撮影距離50cmの場合には、レンズ鏡筒部にあるF4指標に合わせることで、画像全域で2.1µmピクセルピッチよりも高い性能が得られるという。

 また、FUJINONレンズ独自の高解像性能「4D High Resolution」により、画像の中心部から周辺部まで高い解像性能を保持。撮影距離や絞り値の変動に伴う、解像力低下を抑制できる。これにより、さまざまな設置・撮影条件下で、周辺部まで高解像な画像を可能にした。

 ラインアップは、焦点距離8mm/12mm/16mm/25mm/35mmの5種。外径寸法はいずれもφ33mmで、スペースに限りのある設置環境にも対応できる。価格はオープンとなっている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

カメラ | 富士フイルム | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.