ニュース
» 2016年03月31日 16時00分 UPDATE

物流支援ロボット「CarriRo」製品版完成、利用体験キャンペーンも

ZMPは台車型物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」製品版モデルの完成を発表した。完成を記念して、東京都文京区のZMP本社にて利用体験キャンペーンも実施する。

[渡邊宏,MONOist]
物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」 物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」

 ZMPは2016年3月31日、台車型物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」製品版モデルの完成を発表した。同年6月末以降出荷する。

 CarriRoは同社が機械部品メーカーのTHK、日本電産シンポ、東京藝術大学と共同開発した荷物運搬用台車型のロボット。台車のモーターが作業者の負荷を軽減する「ドライブモード」、設定した作業車を追尾する「カルガモモード」を備え、物流製造現場の人手不足解消を狙う。

 販売価格は近日公開の予定。製品版の完成を記念して、2016年4月18日から6月17日の間、ZMP本社(東京都文京区)にて外観や機能を確認できる「利用体験キャンペーン」を実施する。

関連キーワード

ロボット開発 | 物流 | ロボット | ZMP


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.