ニュース
» 2016年04月04日 09時00分 UPDATE

製造IT導入事例:大手情報機器メーカーがマスターデータ管理ソリューションを導入

インフォマティカ・ジャパンと東洋ビジネスエンジニアリングは、コニカミノルタが、インフォマティカのマスターデータ管理(MDM)ソリューション「Informatica MDM」を導入したと発表した。

[MONOist]

 インフォマティカ・ジャパンと東洋ビジネスエンジニアリングは2016年3月23日、大手情報機器メーカーのコニカミノルタが、インフォマティカのマスターデータ管理(MDM)ソリューション「Informatica MDM」を導入したと発表した。

 Informatica MDMは、製品や顧客、仕入先などのマスターデータ連携をグローバル視点で最適化するソリューション。同MDMシステムから各拠点のSAP ERPなどのシステムにデータを配信することで、マスターデータの品質・精度を高いレベルで維持できる。

 コニカミノルタでは、これまでSAP ERPによる業務アプリケーションの標準化をグローバルに進めてきた。今回、次の展開として、グローバルMDMプロジェクトに着手。これに伴い、Informatica MDMを採用した。

 採用に当たっては、展開地域の拡大に対応する拡張性と柔軟性を重視。同MDMは、地域ごとのマスターデータを管理するレイヤーと、その上位にグローバルマスターを管理するレイヤーを置く多層多層構造に対応できる。これらの機能により、マスターデータのグローバル統合による、各拠点の業務への影響を最小限に抑えることができるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.