ニュース
» 2016年04月05日 07時00分 UPDATE

FAニュース:鋼管径400〜1600mmの鋼管杭・鋼管矢板の機械式継手を発売

新日鐵住金は、鋼管杭・鋼管矢板の機械式継手「ガチカムジョイント」を発売した。継手には、円周方向に均等に分割されたギア同士がかみ合う構造を採用。鋼管本体と同等以上の強度を持ち、大径で板厚の厚い鋼管杭でも短時間で接合できる。

[MONOist]

 新日鐵住金は2016年3月18日、鋼管杭・鋼管矢板の機械式継手「ガチカムジョイント」を発売した。同年2月に、土木研究センターの建設技術審査証明を取得している。

 鋼管杭・鋼管矢板は、一般的に現場で溶接接合しながら施工するが、近年、狭い場所での作業や工事時間の制約により、溶接作業や検査にかかる時間の短縮が求められている。また、鋼管杭は大径化・厚肉化・高強度化が進み、溶接時間が増加傾向にあり、現場溶接が不要で短時間接合が可能な機械式継手のニーズが高まっているという。

 今回開発された機械式継手は、鋼管径が400〜1600mmで、SKK400、SKK490に加えて570N/mm2級の鋼管にも対応できる。継手には、円周方向に均等に分割されたギア同士がかみ合う構造を採用。鋼管本体と同等以上の強度を持ち、大径で板厚の厚い鋼管杭でも短時間で確実に接合できる。施工試験では、φ1000の鋼管で5〜10分程度での接合を確認したという。

 また、接合には特殊な技術や工具が不要で、回転抑止部材を取り付ければ同時に嵌合確認もできるという。

photo ガチカムジョイントの構成および各部位の名称

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | FAニュース | 試験


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.