ニュース
» 2016年04月07日 12時00分 UPDATE

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:製造現場のIoT活用はまずは“あり合わせ”で十分

大手製造業、大手ITベンダーが積極的に取り組んでいるからといって、高度で先進的なものであるとは限らない。

[三島一孝,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2016年4月7日発行の「モノづくり総合版メルマガ」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


製造現場のIoT活用はまずは“あり合わせ”で十分

 製造現場でのIoT(Internet of Things)活用が大きな注目を集めています。ドイツのインダストリー4.0や米国のインダストリアルインターネットコンソーシアム(IIC)などの他、フランスや中国などでも国家や業界団体など産官学が連携する取り組みが進んでいます。日本でも政府などが関与するロボット革命イニシアティブ協議会やIoT推進コンソーシアムなどがある他、民間でも日本機械学会が母体となって生まれた「IVI」などが活動を進めています※)

※)関連記事:「緩やかな標準」から「プラットフォーム」へ、IVIの新たな挑戦

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.