ニュース
» 2016年04月11日 07時00分 UPDATE

FAニュース:既設機器の電力値データを管理する電力計を発売

デジタルは、既設機器の電力値データを管理する電力計「PM3250」を発売した。現場の表示器とPM3250をModbus通信でダイレクトに接続し、コントローラー報と共に電力値データの取得が可能だ。

[MONOist]

 デジタルは2016年3月30日、プログラマブル表示器とダイレクトに接続して、既設機器の電力値データを管理する電力計「PM3250」を発売した。

 近年、製造業でのIoT(モノのインターネット)化への取り組みが進む中、保守に対する考え方も変化している。既存設備の老朽化や保全管理者の不足などの課題に加えて、センサー技術やビッグデータ処理術が進展し、設備の保全活動にも進化が求められているという。

 PM3250は既設機器の電力値データを管理し、新たな保全のソリューションを提供する。現場の表示器とPM3250をModbus通信でダイレクトに接続でき、コントローラー情報と共に電力値データの取得ができる。

 また、同社が無償で提供するIoTロガーアプリケーションを使用して、現場の表示器で電力値データのトレンドグラフや現在値表示、各種設定が可能なので、現場で迅速な対処ができる。さらに、収集した装置駆動系の電力値データを、上位PCを使用して分析することで予知保全につながるという。

 DINレールに取り付け可能で、1台のPM3250で単相2線/単相3線/三相3線/三相4線全てに対応する。

 参考標準価格は電力計が2万4800円から、分割形低圧変流器(CT)が1万2000円から(いずれも税別)となっている。

photo パワーメーター(電力計)PM3250

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

電力計 | IoT


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.