ニュース
» 2016年04月11日 14時00分 UPDATE

ESEC2016 開催直前情報:ワイヤレスとセンサーでIoTを支えるロームの「具体例」

ロームが2016年5月11〜13日に開催される「第19回 組込みシステム開発技術展」「IoT/M2M」に出典、IoT/M2Mの実現に欠かせない無線とセンシング技術の具体例を紹介する。

[渡邊宏,MONOist]

 2016年5月11〜13日の3日間、組み込みシステム開発に必要なハードウェア/ソフトウェア/コンポーネントから開発環境までが一堂に集結する「第19回 組込みシステム開発技術展(以下、ESEC2016)」および、IoT/M2Mシステムを構築するための無線通信技術やセンサー、アプリケーションが一堂に会する「第5回 IoT/M2M展」が開催される。

 ESEC2016およびIoT/M2M展の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 今回紹介するのは、IoTの要素技術として欠かせない無線とセンサーについて多数の部品とソリューションでその実現を支援するロームの展示内容だ。

ワイヤレスとセンサーでIoTを支えるローム

 多種多彩な製品を展開する同社だが、本展示会ではIoT/M2Mの実現とその拡大に貢献する無線通信技術とセンサー技術に絞った展示を行う。これまでは無線モジュールを主体とした展示を多く行ってきたが、今回はワイヤレス&センサーの展示とすることで、IoT/M2M市場に向けたより具体的な提案として眼前に表れる。

ロームの「見守りIoTシステム開発キット」 ロームの「見守りIoTシステム開発キット」

 ブースでは「Bluetooth」「Wi-Fi」「Wi-SUN」「EnOcean」と4つの無線技術についてそれぞれの特徴に応じたソリューション提案を行う他、モーションセンシングに不可欠な4つのセンサーを一体化したワイヤレスセンサー評価キット「センサメダル」やArduinoなどのプラットフォーム上で8種類のセンサーを評価できる「センサシールド」なども展示し、より利用イメージの具体化を支援する展示といえる。

 また、開始された電力自由化においては電力供給と検針データ収集のためにスマートメーターが導入されており、その通信機能にはWi-SUNが採用されている。これにより、Wi-SUNは類を見ない大規模導入が急速に進むことが予想されており、その通信網を利用した新サービスも発芽しようとしている。

 同社ではデバイスメーカーとしてワイヤレスとセンサーデバイスに注力しているが、“あらゆるものがつながる”ことが前提となりつつある今、サービス提供者やシステム開発社との連携が不可欠と認識しており、展示会を通じて関係する各社との結び付きを深め、イノベーションのタネや新ビジネスを生み出したいとしている。

第19回 組込みシステム開発技術展(ESEC2016)、「第5回 IoT/M2M展」

会期: 2016年5月11日(水)〜13日(金)
時間: 10:00〜18:00(13日(金)のみ17:00に終了)
会場: 東京ビッグサイト
ローム ブースNo.: 西 1-55

関連キーワード

IoT | M2M | ESEC | ローム | 組み込み | 組み込みシステム


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.