ニュース
» 2016年04月12日 09時00分 UPDATE

キャリアニュース:今年度の新入社員は「ドローン型」、変化にあおられながらも目標地点に着地

日本生産性本部「職業のあり方研究会」が「2016年度の新入社員の特徴」を発表。めまぐるしい変化にあおられながらも自律飛行を保ち、目標地点に着地できた者が多かったことから「ドローン型」と評した。

[MONOist]

 日本生産性本部「職業のあり方研究会」は2016年3月23日、「2016年度の新入社員の特徴」を「ドローン型」と発表した。

 2016年度の新入社員は、就職活動日程や経済状況などのめまぐるしい変化にあおられながらも自律飛行を保ち、目標地点に着地できた(希望の内定を確保した)者が多かった。こういった背景を含め、技術革新(本人のスキルアップ)により今後さまざまな場面での活用が見込まれる点などを、昨今広く普及し始めたドローンに例えた。

ドローン同様、ルールを守った運用や使用者の技量が必要

 使用者(上司や先輩)の操縦ミスや使用法の誤りによっては、機体を傷つけてしまったり、早期離職という紛失の恐れもある。ドローンの多くが充電式ということもあって、長時間の酷使には耐えられない。

 また、ドローンには夜間飛行(深夜残業)の禁止や目視できる範囲で操縦しなければならないなどのルールがある。ルールを守った運用やワークライフバランスへの配慮、適性の見極めといった技量が使用者に求められる。

 「職業のあり方研究会」は若年者の就労支援や教育の専門家などで構成されており、企業・学校などの就職・採用関係者の協力を得ながら、その年の新卒入社者の特徴や就職・採用環境の動向などについて調査を実施している。過去の新入社員の特徴には、2015年「消せるボールペン型」、2014年「自動ブレーキ型」、2013年「ロボット掃除機型」などがあった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.