ニュース
» 2016年04月13日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:産業用コンピュータと耐障害性ソフトウェアによるソリューションを提供

日立製作所、日立産業制御ソリューションズ、日本ストラタステクノロジーは、製造分野向けに、日立の産業用コンピュータと米ストラタステクノロジーの耐障害性ソフトウェアを組み合わせたソリューションを提供開始する。

[MONOist]

 日立製作所、日立産業制御ソリューションズ、日本ストラタステクノロジーは2016年3月29日、製造分野向けに、日立の産業用コンピュータ「HF-W7500モデル40」と米ストラタテクノロジーの耐障害性ソフトウェア「Stratus everRun Enterprise」を組み合わせたソリューションの提供を開始した。

 今回発表されたソリューションは、日立の産業用コンピュータ「HF-W」シリーズのハイエンドモデルと、2台1組のシステム上に仮想環境を構成してデータとメモリを同期化・冗長化するストラタテクノロジーのソフトウェアを組み合わせたもの。2台のHF-W7500モデル40をLANケーブルで接続し、Stratus everRun Enterpriseをインストールすることで、一方のコンピュータに障害が発生した場合でも、自動的に他方のシステム上の仮想マシンで継続的に処理できる。

 この方式は、本番系と待機系の2台のコンピュータを切り替えるクラスタシステムに比べ、設備・システムのダウンタイムを低減できる。また、短期間での導入も可能で、クラスタシステムに必要な共有ディスク装置を必要としないため、導入コストの削減にもつながるという。

 さらに、物理的に2台のHF-W7500モデル40を冗長化して論理的に1台になるため、既存のアプリケーションをそのまま使用でき、仮想マシン上のOS(ゲストOS)やアプリケーションのインストールは1回で済ますことができる。

 今後、同ソリューションを国内および日系企業が進出する海外の工場・プラントなどの製造分野に向け、拡販するとしている。

photo ソリューションの全体イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.