ニュース
» 2016年04月15日 12時00分 UPDATE

FAメルマガ 編集後記:人工知能やロボットが、人の仕事を奪う前に起こること

「対立」に進まない形が理想です。

[三島一孝,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2016年4月7日発行の「FAメルマガ」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


人工知能やロボットが人の仕事を奪う前に起こること

 つながる工場を実現するスマートファクトリーへの取り組みが注目を集めています。ドイツで4月末に開催されるハノーバーメッセではここ数年はメルケル首相など政府首脳が毎年のようにインダストリー4.0の進捗状況を確認しに訪れています。

 さて、ドイツのインダストリー4.0で実現を目指しているのは工場そのものの自律化です。人が判断をくださなくても自動で工場が生産品目や生産数、その変更などを判断してラインを組み替えて生産するような世界が理想像だといえます。そのためにはあらゆる情報基盤が統合され、その同じ情報を基に各種生産機械たちがそれぞれ動作や作業については自律的に判断して動くようなことが必要になります※)

※)関連記事:ドイツが描く第4次産業革命「インダストリー4.0」とは?

 ここで議論になるのが、人対機械の話です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.