ニュース
» 2016年04月15日 12時00分 UPDATE

電子ブックレット(組み込み開発):電子ブックレット:MAX10開発ボードを眺め、FPGAに注目すべき理由を読み解く

いろいろなところでFPGAの導入を聞く機会が増えましたが、なぜ、いまFPGAが注目されるのでしょうか。連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」より第1回「なぜFPGAが注目されるのか、開発ボードに触れて確認する」を電子ブックレットにてお届けします。

[MONOist]

 「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」より第1回「なぜFPGAが注目されるのか、開発ボードに触れて確認する」をお届けします。

 近年、ASICの開発コスト増とFPGAおよびASSPの高性能化を背景に、FPGAの利用例が増加しています。確かに部品原価を考えるとASICに分がある局面があることも確かですが、新規開発のコストまでも考えると、FPGAを中心とした構成とした方が開発コストや開発期間、構成の柔軟性といったメリットが上回る局面が増えています。

 ハイエンドのFPGAはいまだ高価ですが、ミドル〜ローレベルの製品は価格面でもこなれており開発/評価ボードの充実も進んでいます。そこでこの連載では、十分な機能と性能を持つアルテラ「MAX 10」を搭載しながら、49.95ドルと安価な開発ボード「MAX 10 FPGA 評価キット」を用いて、FPGA開発の基礎を学びます。

photophoto MAX 10 FPGA 評価ボードとブロック図

ブックレットの無料ダウンロードはこちら

↓ログイン(アイティメディアID)とメルマガの登録が必要です↓

tt140624DOWN0001.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.