ニュース
» 2016年04月18日 13時00分 UPDATE

制御システムセキュリティ:未知の脅威を人工知能でつぶす、工場でも使えるマルウェア対策

日立ソリューションズは2016年4月18日、米国Cylance社とエンドポイント向け次世代マルウェア対策製品「CylancePROTECT」の販売代理店契約を締結したと発表した。日立ソリューションを通じ、同製品の日本国内販売を同年4月19日から開始する。

[陰山遼将,MONOist]

 日立ソリューションズは2016年4月18日、米国Cylance社とエンドポイント向け次世代マルウェア対策製品「CylancePROTECT」の販売代理店契約を締結したと発表した。日立ソリューションを通じ、同製品の日本国内販売を同年4月19日から開始する。価格はオープン。

 Cylanceは2012年7月に米国で創業したベンチャー企業。人工知能技術を活用したセキュリティ関連製品の開発を手がけており、世界で1000社以上の導入実績を持つ。今回日立ソリューションズが国内販売を開始するCylancePROTECTは、北米の製造業や金融業で実績のある製品だという。

 CylancePROTECTは、正常なファイルやマルウェアファイルなどの8億個以上のファイルから抽出した約700万の特徴を機械学習させた独自のアルゴリズムを活用しているのが大きな特徴だ。これにより未知のマルウェアが実行される前にエンドポイント上で脅威を検知し、防御する。パターンマッチング方式に比べてマルウェアを早期に発見できるため、マルウェア脅威の抑止効果が高まるという。

rk_160418_hitatchi01.jpg 一般的なパターンマッチングによるマルウェア検知と、CylancePROTECTによる検知の違い 出典:日立ソリューションズ

 パターンマッチングを行わないシグネチャレス解析を採用するため、定期的なパターンファイルの更新も不要だ。工場やPOS端末などのネットワークに接続できない環境でもマルウェアの検知が行える。システムの管理はクラウド上で行うため、複数拠点の環境もインターネット経由で一元管理が行える。

rk_160418_hitatchi02.jpg 「CylancePROTECT」のソリューションイメージと構成例 出典:日立ソリューションズ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.