ニュース
» 2016年04月19日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:設計から製造までのコスト算出が可能な原価シミュレーションシステム

SCSKは、米APRIORI TECHNOLOGIESと国内販売代理店契約を締結し、製造原価シミュレーションシステム「aPriori」の販売を開始した。材料や製造場所、製造プロセスなどを考慮したコストを自動計算し、より早い段階で可視化する。

[MONOist]

 SCSKは2016年4月1日、米APRIORI TECHNOLOGIESと国内販売代理店契約を締結し、製造原価シミュレーションシステム「aPriori(アプリオリ)」の販売を開始した。

 製造業では、製品をより早く市場に投入する必要性が求められる一方、エネルギーコストや労働賃金などの上昇、海外での部品調達・製造などのため、コスト管理が非常に難しくなっている。aPrioriは、設計から調達・製造までのコストを、より早い段階で可視化できるシステムだ。

 aPrioriは、3次元CADモデルデータを直接読み込み、形状の特性、材料、製造場所、製造プロセスなどの要因を考慮したコストを自動で計算する。目標コストとの差異比較、外れ値の部品や要因の特定などで製造原価の削減方法を模索し、開発プロセスの早い段階から代替設計の可能性を評価して設計変更などの手戻りを削減。他にもサプライヤーからの見積価格の妥当性を判断したり、グローバルな視点で調達価格を判断するなどして、コスト削減を図ることができる。

 また、ユーザーの知識レベルに関係なく、設計・調達・製造の各工程での原価を自動でリアルタイムに算出、企業全体で共有できる。部品材料、製造方法、製造工程、製造場所など各場面でのコスト比較シミュレーションが可能で、さらに「SCM(Supply Chain Management)」や「ERP(Enterprise Resource Planning)」「PLM(Product Lifecycle Management)」などとのデータ連携によって、より包括的な管理が可能になるとしている。

 SCSKでは、日本国内において今後3年間で導入支援、コンサルティングを含めて5億円の売上を目指すという。

photo

関連キーワード

SCSK | 製造原価 | 製造ITニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.