ニュース
» 2016年04月19日 16時00分 UPDATE

ESEC2016 開催直前情報:フラッシュメモリとマイコンで東芝がIoTの新たなユースケースを提案

東芝 ストレージ&デバイスソリューション社が「ESEC2016」「第5回 IoT/M2M展」にて、「FlashAir」「ビジネス向けNFC搭載SDカード」やマイコン「TXZファミリー」を紹介。フラッシュメモリとマイコンでIoTの新たなユースケースを提案する。

[MONOist]

 2016年5月11〜13日の3日間、組み込みシステム開発に必要なハードウェア/ソフトウェア/コンポーネントから開発環境までが一堂に集結する「第19回 組込みシステム開発技術展(以下、ESEC2016)」および、IoT/M2Mシステムを構築するための無線通信技術やセンサー、アプリケーションが一堂に会する「第5回 IoT/M2M展」が開催される。

 ESEC2016およびIoT/M2M展の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やレポート記事を多数掲載していく。

 今回紹介するのはNAND型フラッシュメモリや各種半導体を手掛ける、東芝 ストレージ&デバイスソリューション社だ。2015年秋に行われたET2015において同社は無線LAN搭載メモリカード「FlashAir」とマイコン「TXZファミリー」の紹介を主な内容としていたが、今回のESEC2016ではこれらに加えてNFC搭載SDメモリーカードのビジネス向けモデルを展示する。

フラッシュメモリとマイコンでIoTの新たなユースケースを

 展示されるビジネス向けNFC搭載SDメモリーカードは2種類あり、1つは通常の読み書きをNFCで行う「ロック機能付きNFC搭載SDHC/SDXCメモリカード」、もう1つはNFCのメモリ領域とメモリカードのメモリ領域でデータ同期を取れる「データミラーリング機能付きNFC搭載SDHCメモリカード」だ。

 FlashAirについては「既存デバイスのIoT化」を引き続き訴求する。クラウドファンディングでFlashAir対応機器を商品化した「TISPY」の事例を紹介するとともに、会場ではFlashAirを使って監視カメラのデータ転送を行うデモが行われる。また「IoT化」を一歩進め、機器認証やデータ収集、メッセージングなどを行うクラウド連携サービス「FlashAir IoT Hub」の参考展示も行われる。

「TISPY」 「TISPY」

 マイコン「TXZファミリー」について同社では2020年までに500製品以上の投入を計画しており、会場では今後の市場拡大が見込める監視カメラを例としての実装例を紹介する。MCUの応用先として同社では「省電力モーター制御」「センシング」に注力しているが、もちろん利用はこれらだけにとどまるものではなく、展示を一例としてさまざまな技術を検討する来場者へアピールしていきたいとしている。

マイコン「TXZファミリー」 マイコン「TXZファミリー」

第19回 組込みシステム開発技術展(ESEC2016)、「第5回 IoT/M2M展」

会期: 2016年5月11日(水)〜13日(金)
時間: 10:00〜18:00(13日(金)のみ17:00に終了)
会場: 東京ビッグサイト
東芝 ストレージ&デバイスソリューション社 ブースNo.: 西 11-7(東芝グループ内)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.