ニュース
» 2016年04月20日 12時17分 UPDATE

物流支援ロボットを活用した業務効率化、ZMPとSAPジャパン、凸版印刷が提供

ZMPと凸版印刷、SAPジャパンの3社が物流支援ロボット「CarriRo」を利用した業務効率化ソリューションを提供する。企業基幹システムと物流支援ロボットを連携させることで、効率化を図る。

[MONOist]
ZMPと凸版印刷、SAPジャパンの連携イメージ ZMPと凸版印刷、SAPジャパンの連携イメージ

 ZMPと凸版印刷、SAPジャパンの3社は2016年4月20日、物流支援ロボットを利用した業務効率化ソリューションの提供を開始すると発表した。2016年中に実証実験を通じ、提供を開始する。

 ZMPが開発した台車型の物流支援ロボット「CarriRo」に凸版印刷のRFIDシステムを搭載、ここにSAPの基幹業務システムを連携させることで、在庫管理や工程管理の効率化を狙う。

 これにより一括ピッキングや作業員誘導、無人での在庫棚卸しなどを実現する他、CarriRoのセンサーから得られる移動距離や経路、稼働時間といったデータと在庫情報などを組み合わせて分析することで現場の見える化を図り、業務効率改善を進める。

 CarriRoはZMPが機械部品メーカーのTHK、日本電産シンポ、東京藝術大学と共同開発した荷物運搬用台車型のロボット。運搬負荷を軽減するアシスト機能や、作業員を自動で追従する機能、指定したエリアを自律移動する機能が搭載されている。

関連キーワード

ZMP | SAP | 凸版印刷 | ロボット開発


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.