ニュース
» 2016年04月20日 18時00分 UPDATE

エコカー技術:三菱自動車の燃費計測不正、シャシーダイナモの走行抵抗を軽めに設定

三菱自動車は、軽自動車「eKワゴン」と「eKスペース」の燃費計測で不正が行われていたことが判明したと発表。日産自動車にOEM供給している「デイズ」「デイズ ルークス」も燃費不正の対象となる。4車種で合計62万5000台を販売しており、これら全てで燃費計測不正が行われていたことになる。

[朴尚洙,MONOist]

 三菱自動車は2016年4月20日、軽自動車「eKワゴン」と「eKスペース」の型式認証取得において、国土交通省へ提出した燃費試験データを良好に見せるための不正操作が行われていたことが判明したと発表した。日産自動車にOEM供給している「デイズ」「デイズ ルークス」の型式認証取得も三菱自動車が担当していたため燃費不正の対象となる。2013年6月の生産開始から2016年3月末までで、eKワゴンとeKスペースは15万7000台、デイズとデイズ ルークスは46万8000台、計62万5000台を販売しており、これら全てで燃費不正が行われていたことになる。

三菱自動車の「eKワゴン」三菱自動車の「eKスペース」 三菱自動車の「eKワゴン」(左)と「eKスペース」(右)(クリックで拡大) 出典:三菱自動車
日産自動車の「デイズ」日産自動車の「デイズ ルークス」 日産自動車の「デイズ」(左)と「デイズ ルークス」(右)(クリックで拡大) 出典:日産自動車

 さらに社内調査の過程で、軽自動車以外の国内市場向け車両についても、国内法規で定められたものと異なる試験方法がとられていたことが判明した。つまり、国内市場向けの「パジェロ」「アウトランダー」「RVR」「デリカD:5」「ミラージュ」といった自社生産の登録車にも燃費不正が拡大する見込みだ。今後は海外市場向け車両についても調査を進める。

 燃費不正は軽自動車の共同開発パートナーである日産自動車の指摘により発覚した。次期モデル開発に当たって、日産自動車がデイズとデイズ ルークスの燃費を参考に測定したところ、届出値との乖離があり、三菱自動車が燃費試験で設定した走行抵抗値(シャシーダイナモの転がり抵抗と空気抵抗)について確認を求められたという。これを受けた社内調査の結果、実際より燃費に有利な走行抵抗値を使用した不正を把握するに至ったとしている。

 燃費不正を受けて、eKワゴン、eKスペース、デイズ、デイズ ルークスは生産と販売を停止する。eKワゴン、eKスペース購入者への対応については「今後、誠実に対応させて頂きます」(ニュースリリース)としている。日産自動車への補償は今後協議する。

 日産自動車のWebサイトでは、既に軽自動車のラインアップからデイズとデイズ ルークスが消え、スズキからOEM供給されている「モコ」と「NV100」だけになっている。

日産自動車Webサイトの軽自動車ラインアップ 日産自動車Webサイトの軽自動車ラインアップ。スズキからOEM供給されている「モコ」と「NV100」だけになっている(クリックでWebサイトへ)

関連キーワード

燃費 | 日産自動車 | 不正 | 三菱自動車 | 軽自動車


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.