ニュース
» 2016年04月21日 09時00分 UPDATE

MEDTEC Japan 2016:インプラント機器用積層セラコンは車載規格のAEC-200を上回る高品質

村田製作所は、「MEDTEC Japan 2016」において、インプラント医療機器用の積層セラミックコンデンサを展示した。

[朴尚洙,MONOist]

 村田製作所は、医療機器設計/製造の展示会「MEDTEC Japan 2016」(2016年4月20〜22日、東京ビッグサイト)において、インプラント医療機器用の積層セラミックコンデンサを展示した。

 同社は2015年10月、心臓ペースメーカーなどのインプラント医療機器用に、医療グレードの積層セラミックコンデンサを開発したと発表。人命に直結するライフサポート回路向けの「GCRシリーズ」、ノンライフサポート回路向けの「GCHシリーズ」で展開するとしていた。今回展示したのはGCHシリーズ。1005、1608、2012、3216、3225の各サイズを用意している。

村田製作所のインプラント医療機器用積層セラミックコンデンサ 村田製作所のインプラント医療機器用積層セラミックコンデンサ(クリックで拡大)

 車載機器向けの積層セラミックコンデンサの場合、使用温度範囲や耐振動性を基準としたAEC-200のような標準規格がある。インプラント医療機器の場合そういった標準規格はないが「顧客から求められるインプラント医療機器の要件に合うような設計や材料の工夫を加えて、高い品質の工程管理を行った。また前提条件として、車載規格のAEC-200もクリアしている」(同社の説明員)という。

MEDTEC Japan 2016 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.