ニュース
» 2016年04月21日 13時00分 UPDATE

エコカー技術:ホンダ「アコード」が大幅改良、2モーターハイブリッド「i-MMD」を刷新

ホンダは、2016年5月下旬の発売を予定している新型「アコード」の情報をWebサイトで公開。2モーターのハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を、モーターの構造から製法までを進化させたという。

[朴尚洙,MONOist]

 ホンダは2016年4月21日、2016年5月下旬の発売を予定している新型「ACCORD(アコード)」の情報をWebサイトで公開した。

新型「アコード」の外観現行「アコード」の外観 新型「アコード」(左)と現行モデルの外観比較(クリックで拡大) 出典:ホンダ
新型「アコード」のヘッドランプ現行「アコード」のヘッドランプ 新型「アコード」のヘッドランプ(左)。現行モデル(右)と比べて大幅に刷新した(クリックで拡大) 出典:ホンダ
新型「アコード」の内装新型「アコード」の内装 新型「アコード」の内装(クリックで拡大) 出典:ホンダ

 アコードは2013年6月にフルモデルチェンジしている。2モーターのハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載し、30.0km/l(リットル)という良好なJC08モード燃費を実現したことなどを特徴としていた。

 今回の大幅改良は、フルモデルチェンジから約3年しか経過していないことから、いわゆるビッグマイナーチェンジの位置付けになる。ハイブリッドシステムのi-MMDについて、モーターの構造から製法までを進化させ「上級セダンにふさわしい力強い走りとともに、静粛性も高めた」(同社)としている。さらに、フルモデルチェンジの際にはなかった運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備する。

 なおi-MMDは、2016年2月発売の「オデッセイ ハイブリッド」に搭載する際に、モーターの巻線方式と構造の刷新や、リチウムイオン電池の小型化などを図っている。新型アコードのi-MMDは、オデッセイ ハイブリッドと同じ技術なのか、それともさらなる改良が施されているのか、注目される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.