ニュース
» 2016年04月22日 09時00分 UPDATE

キャリアニュース:仕事で使うツールが「今後のキャリアに大きな影響を与える」と49%が回答

Webサイト「fabcross for エンジニア」が「仕事で利用するツール/システム」に関するアンケート調査結果を発表。回答したエンジニアの49.0%が、ツールやシステムが「今後のキャリアパス(職務の変遷)に大きな影響を与える」と考えていた。

[MONOist]

 all engineer.jpが運営するWebサイト「fabcross for エンジニア」が、「仕事で利用するツール/システム」に関するアンケート調査を実施し、2016年4月6日に結果を発表した。

 調査の対象者は、研究・設計・開発系(機械関連)の業務に就いているエンジニア500人。3D CAD、CAE、PDM、PLM、生産計画・管理のツール/システム導入者に、導入してみて感じたメリット/デメリットを尋ねたところ、メリットとして「効率化」や「より高品質な製品設計ができる」などのコメントが寄せられた。一方で「設計力低下」「融通が利かない」といった点がデメリットとして捉えられていることが明らかになった。

仕事で使うツール/システムは今後のキャリアに影響大

 「仕事で利用するツール/システム」に対する考え方については、「仕事で利用するツール/システム次第で、業務効率は大きく変わってくる」と考えるエンジニアが「非常に当てはまる」「やや当てはまる」を合わせて69.2%いた。

 また、ツールやシステムが「今後のキャリアパス(職務の変遷)に大きな影響を与える」と考えるエンジニアは49.0%、38.2%の人が「自分の市場価値(転職時の評価)に大きな影響を与える」と回答した。

photo

 さらに、ツールやシステムを「細かな特徴・機能まで深掘りして使いこなせるようになりたい」と考えているエンジニアは、「非常に当てはまる」「やや当てはまる」を合わせて52.4%で、「できるだけ多くの種類を学習・経験してみたい」という人も46.4%いた。仕事で利用するツール/システムを使いこなすことに対して、半数近くの人が意欲を持っていることが分かる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.