ニュース
» 2016年04月22日 09時00分 UPDATE

カンタン開発環境「Scratch」で使えるセンサーボード「nekoboard2」

スイッチサイエンスが、プログラミング言語「Scratch」で使えるセンサーボード「nekoboard2」を発売する。Scratch 2.0対応。

[渡邊宏,MONOist]
「nekoboard2」 「nekoboard2」

 スイッチサイエンスは2016年4月21日、プログラミング言語「Scratch」で使えるセンサーボード「nekoboard2」を同年4月27日より販売開始すると発表した。価格は2500円。

 同社が2012年に販売した「nekoboard」の後継製品。ボードには明るさと音のセンサー、ON/OFFボタン、スライダー(可変抵抗)と4つのセンサーを搭載しており、これらから得られた値をScratchのプログラムに反映させることができる。PCとの接続はUSB。

 Scratchセンサーボード「picoboard」のセンサー用フォンジャックに対応するピンソケットも備えており、他のセンサーを接続することも可能だ。

 Scratchは2013年5月にMIT Media LabのLifelong Kindergarten Groupが無償公開した、教育用のプログラム開発環境。バージョン2.0からは開発〜実行までの全てをWebブラウザ上で行える。nekoboard2はScratch 2.0に対応している(連載:Scratch 2.0で体験! お手軽フィジカルコンピューティング)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.