ニュース
» 2016年04月25日 08時00分 UPDATE

MEDTEC Japan 2016:指先カフで体を傷つけずに連続血圧測定、ソシオネクストがソリューション提案

ソシオネクストは、「MEDTEC Japan 2016」において、同社のシステムLSIを用いたモバイル連続血圧計ソリューション「viewphii CBP」のデモンストレーションを披露した。

[朴尚洙,MONOist]

 ソシオネクストは、医療機器設計/製造の展示会「MEDTEC Japan 2016」(2016年4月20〜22日、東京ビッグサイト)において、同社のシステムLSIを用いたモバイル連続血圧計ソリューション「viewphii CBP(Continuous Blood Pressure)」のデモンストレーションを披露した。

「viewphii CBP」のデモンストレーションの様子「viewphii CBP」のデモンストレーションの様子 「viewphii CBP」のデモンストレーションの様子。指先カフにより連続で血圧を測定できる。測定結果は無線通信で接続したタブレット端末に表示する(クリックで拡大)

 同社は2015年に「viewphii(ビューフィー)」の名称で、小型/電池駆動/ケーブルレスの端末による測定、タブレットによる画像確認、クラウドでのデータ保存を連携したモバイル超音波ソリューションを発表した。同ソリューションを採用した製品は、2016年後半以降に薬事承認を得られる段階まで製品開発が進んでいる。

 今回展示したviewphii CBPは、モバイル超音波ソリューションに次ぐ、viewphiiシリーズの1つとして追加されたものだ。viewphii CBPは、指に装着する指先カフと、指先カフによる血圧測定を制御するユニットから構成されている。

 手術の際などに、長時間連続で血圧を測定するには、血管に針を入れて測定する観血式の連続血圧計が一般的だ。viewphii CBPであれば、体を傷つけない非侵襲の非観血式でありながら、連続で血圧を測定できる。さらに「札幌医科大学の実験で、観血式の連続血圧計とviewphii CBPによる血圧測定を同時に行ったところ、ほぼ同じ精度で血圧を測定できていることが分かった」(ソシオネクストの説明員)という。

「viewphii CBP」(下)と観血式連続血圧計(上)の測定値の比較 「viewphii CBP」(下)と観血式連続血圧計(上)の測定値の比較。ほぼ同じだ(クリックで拡大) 出典:ソシオネクスト

 viewphii CBPの血圧測定範囲は20〜300mmHgで、圧測定分解能は1mmHg。今回の展示を皮切りに提案活動を開始し、モバイル超音波ソリューションと同様にユーザー企業による製品化につなげていく方針だ。

MEDTEC Japan 2016 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.