ニュース
» 2016年04月26日 07時00分 UPDATE

FAニュース:装置内の通風抵抗と風量を測定できる小型測定器を発売

山洋電気は、簡単な操作で装置内の通風抵抗と風量を測定できる「San Ace エアフローテスター」を発売した。測定の結果を熱設計などのシミュレーションに使用することで、装置に最適なファンを的確に選定できる。

[MONOist]

 山洋電気は2016年4月11日、簡単な操作で、装置内の通風抵抗と風量を測定できる「San Ace エアフローテスター」を発売した。ラインアップは、風量範囲0.20〜8.00m3/minの「9AT2560S-0001」と7〜282CFMの「9AT2560A-0001」「9AT2560C-0001」の3種となる。

 装置の熱対策には、装置内の通風抵抗や風量を測定し、最適なファンを選ぶ必要がある。これらを正確に測定するのは難しく、従来は風速から計算したシミュレーションに頼ってきたという。

 San Ace エアフローテスターは、測定の結果を熱設計などのシミュレーションに使用することで、装置に最適なファンを的確に選定できる。本体は約6kgと軽量で、持ち運びが可能。測定のために大型装置を移動させる必要がなく、装置内の通風抵抗や風量を簡単に測定できる。

 入力電圧は100〜240Vで、消費電力は最大260VA。いずれの型番も、各ノズルでの測定可能最大風量の±7%の測定精度を備えた。静圧測定範囲は、9AT2560S-0001/9AT2560C-0001が0〜1000Pa、9AT2560A-0001が0〜4.01inchH2Oとなっている。

photo San Ace エアフローテスター

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

テスター | FAニュース | 消費電力


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.