ニュース
» 2016年04月26日 07時00分 UPDATE

北京モーターショー2016:個性派な若者に届け、アグレッシブさを強調したレクサスの新型「IS」

トヨタ自動車は、「北京モーターショー2016」において、レクサスブランドのスポーツセダン「IS」のマイナーチェンジモデルを出展する。現行ISの購入理由として最も多く挙げられるデザイン面の特徴を進化させるとともに、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を新たに採用して安全面も強化した。日本では2016年秋に発売する。

[齊藤由希,MONOist]

 トヨタ自動車は2016年4月25日、「北京モーターショー2016」(一般公開日:2016年4月29日〜5月4日)において、レクサスブランドのスポーツセダン「IS」のマイナーチェンジモデルを出展すると発表した。現行ISの購入理由として最も多く挙げられるデザイン面の特徴を進化させるとともに、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を新たに採用して安全面も強化した。日本では2016年秋に発売する。

マイナーチェンジしたレクサスのスポーツセダン「IS」 マイナーチェンジしたレクサスのスポーツセダン「IS」 (クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 外装は「Aggressive Sports」をデザインテーマとし、従来のISで好評だったアグレッシブさをさらに強調した。ヘッドランプやリアコンビネーションランプ、フロントやリアバンパーに力強くスポーティーなスタイリングを施したという。

 フロントは、フェンダーからダイナミックにつながる塊感のあるバンパーコーナーにより、スポーティーでアグレッシブな造形を目指した。ヘッドランプとL字型のクリアランスランプは連続性を高め、特徴的な形状で鋭さを強調した。リアコンビネーションランプの内側にはL字を層状に3つ重ね、奥行きを持たせた。

フロントリア 走行性能を想起させるデザインを受け継ぎながら、アグレッシブさを高めた (クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 これまでのISユーザーの半数は、レクサス車を新規に購入する層が占めている。その購入理由で最も多く挙げられているのが外装デザインだ。ISが属する中型高級車市場「Near Luxury市場」は若年層も多く、性能面だけでなくモデルの個性が購入決定に影響するという。ISの新モデルは操縦安定性だけでなく、性能の象徴となるデザインの進化にこだわった。

 内装は、レクサスブランドのセダンとして質感を高めた。車載情報機器のディスプレイサイズを10.3インチに大画面化して視認性を高めるとともに、リモートタッチ側面にEnterボタンを配して操作性を向上した。メーターフードのフードステッチの通し方を変更することでスポーティーさを演出し、空調やオーディオ機器の操作パネルのデザイン構成を見直すことによって車格感の向上を目指した。

中国仕様の内装。スポーティーさを進化させながら、レクサスブランドのセダンとしての質感を追求したという 中国仕様の内装。スポーティーさを進化させながら、レクサスブランドのセダンとしての質感を追求したという (クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 ISの新モデルで新たに搭載したLexus Safety System +では、歩行者検知機能付き衝突回避支援や、ステアリングを振動させる車線逸脱警告、オートマティックハイビーム、設定車速の範囲内で先行車両の車速に合わせて一定距離を保って追従するレーダークルーズコントロールに対応する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.