ニュース
» 2016年04月26日 07時00分 UPDATE

ハノーバーメッセ2016:モジュラー型生産ライン“最後のカギ”、ハーティングの「MICA」が技術賞

ドイツ ハーティングの統合基盤向けインタフェース「MICA」が、ハノーバーメッセ2016の「HERMES AWARD 2016」を受賞した。

[三島一孝,MONOist]

 ドイツ ハーティングは、ハノーバーメッセ2016(2016年4月25〜29日、ドイツ・ハノーバーメッセ)において、ボックスコンピュータ型の統合基盤向けインタフェース「MICA(Modular Industry Computing Architecture)」が「HERMES AWARD 2016」を受賞したことを発表した。

 ハノーバーメッセが開催する「HERMES AWARD(ヘルメスアワード)」は、毎年ハノーバーメッセの開会式で発表される技術賞である。選考基準は、製品が既に市場に導入されたものか使用されているもので、技術的または経済的効用の面で革新的であることだとされている。

 今回受賞したハーティングの「MICA」は、コンパクトな筐体にインタフェースとLinuxベースのコンピュータを内蔵。生産ラインの構成情報などを保持し、ライン変更時などにその構成情報をもとにすぐにライン復旧を可能とするような使い方の他、クラウドゲートウェイやPLC連携などさまざまな使い方を想定できるという。

photo ヘルメスアワードを受賞した「MICA」の外観(クリックで拡大)

 インダストリー4.0では、マスカスタマイゼーション(大量生産の効率でカスタム製品を製造すること)を理想としており、生産ラインの柔軟な変更を可能とする技術に注目が集まっている。1つの方向性として、工程ごとに産業用ロボットや製造装置などを1つのモジュールとし、それを必要な生産に応じて組みかえる「モジュラー型生産」が期待を集めている。今回のMICAはこの、モジュラー型生産において、頻繁に組み替える工程の情報を保持し、最適な構成を簡単に実現できるインタフェースとしての役割を果たす。

 ハーティングでは、2015年のハノーバーメッセでMICAのプロトタイプを披露※)。今回は具体的な製品として紹介している。

※)関連記事:コネクタから実現するインダストリー4.0、ハーティングが自社実践を出展

photo ハノーバーメッセ2015で紹介されたMICAのプロトタイプ(赤枠部分)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

あなたにオススメの記事

- PR -

「第4次産業革命」という新たな潮流に対し、製造業はどう変革するか?

製造業や建設業の技術者に、実用段階に入ったVRの解説記事、採用事例を紹介

技術開発動向、標準化動向、5G関連最新ニュース、最新情報をお届け