ニュース
» 2016年04月26日 12時00分 UPDATE

ドローンでゲリラ豪雨対策、エアロセンスとウェザーニューズが気象観測網を整備

エアロセンスとウェザーニューズが協力してドローンを利用した気象観測ネットワークを構築する。低層域での気象観測を強化し、ゲリラ豪雨などの局地監視や災害を監視する狙い。

[渡邊宏,MONOist]
エアロセンスの産業用ドローン エアロセンスの産業用ドローン

 エアロセンスとウェザーニューズは2016年4月26日、両社が協力してドローンを利用した気象観測ネットワークを構築すると発表した。低層域での気象観測を強化し、ゲリラ豪雨などの極地予測や災害発生を監視する狙い。

 エアロセンスが展開する全国8箇所の事業所(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、京都、福岡、沖縄)にて運行するドローンにウェザーニューズの気象観測センサーを搭載し、低層域での気象観測ネットワークを構築する。また、エアロセンスが測量や物流にドローンを利用する際には、ウェザーニューズから気象情報の提供を受けることで安全性を高める取り組みも同時に行う。

 実証実験は2016年夏から行う予定で、実験完了時には取り組みの第1弾として、大規模イベント開催時や首都圏降雪など影響の大きな事象が発生した際に観測を行い、段階的にエアロセンスの運用する全てのドローンに気象観測センサーを搭載する予定となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.