ニュース
» 2016年04月27日 07時00分 UPDATE

FAニュース:小型シャフト部品の量産加工に適したCNC円筒研削盤を発売

ジェイテクトは、CNC円筒研削盤「e500G」を発売した。砥石(といし)軸にハイブリッドタイプの「TOYODA STAT BEARING」を採用。金属接触がないため摩擦がなく長寿命で、軸の回転精度の高さを特長とする。

[MONOist]

 ジェイテクトは2016年4月11日、小型シャフト部品の量産加工に適したCNC円筒研削盤「e500G」を発表した。

 砥石軸に静圧と動圧を組み合わせたハイブリッドタイプの「TOYODA STAT BEARING」を採用。金属接触がないため摩擦がなく長寿命で、剛性と減衰性能の高い構造により、軸の回転精度が高くなっている。また、砥石台とテーブルの早送り速度を向上し、クラス最速のサイクルタイムを可能にしたという。

 機械寸法は幅1800mm、奥行2400mmで設置スペースがクラス最少。機械の両サイドに砥石交換などの保守スペースを確保し、省スペースと保守性を両立させている。

 両側駆動主軸台により、工作物を両側センタの摩擦力で駆動。駆動金具レスで外径全段研削ができる。さらにNC自動心間調整機能により、長さの異なる工作物に自動で対応し、長さ違いワークの段取り換えレスが可能となった。

 オプションでCBN砥石の採用も可能。ドレス(砥石修正)インターバルが延び、寸法精度、表面粗さが安定し生産性が向上する。

 また、操作ボタンのアイコン化で、言語を問わず共通認識できるようになった。文字表示とアイコン表示の切り替えもできる。電流・位置・速度などのデータを常時サンプリングできIoEにも対応可能だ。正常値と比較できるので、機械の異常を早期発見するのにも有効だという。

 価格は、両センタ駆動ではCBN仕様が1900万円、普通砥石仕様が1700万円。固定軸の普通砥石仕様は1600万円(いずれも税別)だ。販売目標は年間100台としている。

photo
photo
photo
photo
photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.