ニュース
» 2016年04月27日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:IoTを活用した製造ライン向け統合管理ソリューションで協業

アイビーシーとアットマークテクノは、IoTを活用した製造ラインの統合管理ソリューションで協業する。ネットワークインフラの性能監視ツールとIoTゲートウェイを連携させ、可用性向上、予兆検知、予防保全の実現を図る。

[MONOist]

 アイビーシー(IBC)とアットマークテクノは2016年4月12日、IoT(モノのインターネット)を活用した、製造ラインの統合管理ソリューションで協業すると発表した。

 製造ラインで使用される各種センサー群や制御システム、またそれらを接続するインフラシステムは、複数のベンダーで構成され、さまざまな監視ツールや保守体系が混在している。そのため、不具合が生じた場合には、復旧までに時間がかかるなどの問題があるという。

 今回の協業では、アットマークテクノのIoTゲートウェイ「Armadillo-IoT(アルマジロ アイオーティ)」へ管理情報ベース(MIB)を実装することで、IBCのネットワークインフラ性能監視ツール「System Answer」シリーズとの連携を実施する。

 同連携で、System Answerシリーズの適用範囲をArmadillo-IoTで収集したセンサーデバイス情報にまで拡大。これにより、FA/産業機械の状態監視と性能監視が統合的に実施可能になり、製造ラインの可用性が向上し、障害発生時の原因究明の迅速化とダウンタイムの短縮化につながるという。また、製造ライン全体の性能監視により、故障の予兆を検知して事前に対策を打つことで、予防保全にも貢献する。

 Armadillo-IoT MIB対応バージョンのリリースは2016年6月の予定で、各種センサーデバイス情報の一元管理ソリューションは同年6月から順次リリースする予定だ(いずれも限定リリース)。

photo

関連キーワード

IoT | 製造ライン | 製造ITニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.