ニュース
» 2016年04月28日 07時00分 UPDATE

FAニュース:加速電圧175kV、深溶接が可能な高電圧電子ビーム溶接機を発売

NECエンジニアリングは、加速電圧175kVの高電圧機「NEB-175」シリーズの販売を開始した。ビーム軌道補正機能を標準搭載しており、より強く高精度な溶接ができる。

[MONOist]

 NECエンジニアリングは2016年4月11日、加速電圧(陰陽両極の間にある荷電粒子を加速するために両極に加える電圧)175kVの高電圧機「NEB-175」シリーズを電子ビーム溶接機に追加し、販売を開始した。

 NEB-175シリーズは、加速電圧が業界最高水準の175kVで、ビーム軌道補正機能を標準搭載したことにより、ビーム径が約25%縮小した。これによりエネルギー密度が約30%高まり、より狭い幅で深い溶接ができるようになった。溶接ひずみも約25%低減し高精度な溶接が可能に。高エネルギー密度化によって溶接時間が短縮されるため、省エネルギー化に貢献する。

 さらに制御卓、高圧電源、ポンプなどの構成機器を小型化。真空チャンバ周辺のレイアウトを見直し、設置面積を同社従来機比で約60%縮小した。

 操作パネルには、重要情報を大きく見やすい位置に配置し、文字などの色調やコントラストに配慮したGUI(Graphical User Interface)を採用。視認性や操作性が向上している。稼働状況やアラームがモニター上で直感的に分かるように設計されており、作業効率向上やヒューマンエラーの低減に寄与する。

 参考価格は8000万円から(税別)で、真空チャンバサイズや仕様などにより価格が異なる。販売目標は今後3年間で30億円としている。

photo 電子ビーム溶接機「NEB-175」シリーズ

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

NEC(日本電気) | FAニュース | 新製品


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.