ニュース
» 2016年04月28日 08時00分 UPDATE

ハノーバーメッセ2016:パナソニックとシーメンスがライン統合コンセプトの標準化で提携

シーメンスとパナソニックは、製造現場のデジタル化および連携のための標準化に向けて提携することを発表した。

[三島一孝,MONOist]

 ドイツのシーメンスとパナソニックは2016年4月26日、電子機器産業における製造のデジタル化に向けて連携していくことで合意し、ハノーバーメッセ2016(2016年4月25〜29日、ドイツ・ハノーバーメッセ)において覚書に調印したと発表した。

 従来シーメンスとパナソニックは、デジタル化とオートメーション化を推進するため独自の取り組みを進めてきた。パナソニックはスマートファクトリーというコンセプトのもと、電子部品実装機と製造実行システムであるPanaCIMを推進してきた。一方のシーメンスは「デジタルエンタープライズ」というコンセプトのもと、産業用ソフトとオートメーション、産業用コミュニケーション、セキュリティおよびサービスという幅広いポートフォリオを展開している。

 インダストリー4.0をはじめとして、製造現場のデジタル化が加速する中、個別工場や個別企業内だけの情報連携だけでは、エンドユーザーに最適な価値を提供できる体制が築けないことが明らかになってきている。これらの中で、大手製造業が主要企業と提携するケースが加速している。

 今回の提携で中心となるのは、ライン統合コンセプトの標準化で、これは個別の製造ラインのみならず工場全体の全ての製造プロセスを網羅するものである。さらに世界中に分散する製造拠点にも共通するオートメーションの規格の開発にも取り組む。シーメンスは共同開発する領域において、制御技術およびオートメーション技術の提供も行うとしている。

photo ハノーバーメッセ2016でのパナソニックのスマートファクトリー提案

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.