ニュース
» 2016年04月28日 06時00分 UPDATE

会話で感情推定するロボット「Tapia」、DMMが先行販売

DMM.comがMJIの感情認識機能を持ったコミュニケーションロボット「Tapia」(タピア)を2016年6月中旬より販売開始する。価格は9万9800円(税別)。

[MONOist]

 DMM.comはMJIの開発した感情認識機能を持ったコミュニケーションロボット「Tapia」(タピア)を2016年6月中旬より販売開始すると発表した。同年4月28日より予約を受け付ける。初回生産の300台を同社が優先販売するもので、価格は9万9800円(税別)。

「Tapia」の感情表現 「Tapia」の感情表現

 「Tapia」(タピア)は全長約30センチの卵に目を描いたような外観のロボット。クラウド上のAIシステムを利用して会話を行う他、相手の会話スピードや内容などから感情を推定し、その感情に沿った会話を行う機能を備える。会話はクラウド接続が必要となりWi-Fiもしくはモバイル通信網にて接続する。今後はDMMが提供するMVMO「DMM mobile」のSIMカードとのセットも提供する。

 MJIでは「あなたの生活を学習するコミュニケーションロボット」としてTapiaを訴求しており、一定時間Tapiaとの応答がない場合に遠方の家族へ連絡する見守り機能も用意されている。また、写真撮影やニュースの読み上げ、スケジュール管理なども行え、後日にはオプションとして家電制御機能も提供される予定となっている。

 DMM.comから販売されるTapiaは一般向けのコミュニケーションロボットという位置付けだが、DMM.comとPwCコンサルティング、MJIの3社ではTapiaを利用したマーケティング支援業務についての協力を発表している他、ハウステンボス「ロボットの王国」ではレストランの卓上ロボットとして設置され、来場者の注文を受けたり、空席の管理を行う予定となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.