ニュース
» 2016年04月28日 13時00分 UPDATE

ESEC2016 開催直前情報:イーソルが提示する「高度化する車載ソフトウェア開発」の解決法

イーソルが「ESEC2016」「第5回 IoT/M2M展」にて、「高度化する車載ソフトウェア開発向けソリューション」をテーマとした展示を行う。安定性と信頼性の知見は、車載のみならず産業機器や医療機器へも活用されるとしている。

[渡邊宏,MONOist]

 2016年5月11〜13日の3日間、組み込みシステム開発に必要なハードウェア/ソフトウェア/コンポーネントから開発環境までが一堂に集結する「第19回 組込みシステム開発技術展(以下、ESEC2016)」および、IoT/M2Mシステムを構築するための無線通信技術やセンサー、アプリケーションが一堂に会する「第5回 IoT/M2M展」が開催される。

 ESEC2016およびIoT/M2M展の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やレポート記事を多数掲載していく。

photo

 今回紹介するのは、RTOSに深い見識を持つイーソルだ。各種RTOSはその特性から自動運転や産業機器制御など高い安全性や信頼性を要求される組み込みシステムに利用されており、その重要性は増している。同社ではESECのブースにて「高度化する車載ソフトウェア開発向けソリューション」をテーマとした展示を行う。

「高度化する車載ソフトウェア開発」の解決に向けて

 イーソルブースでは独自ノウハウを盛り込んだRTOSの紹介はもちろん、機能安全やAUTOSAR、開発プロセスなどに関する支援ツールからディープラーニング技術まで周辺開発環境も幅広く紹介する。ISO 26262やIEC 61508の第三者認証を取得したRTOSとあわせてこれらのソフトウェア開発環境を展示・紹介することで、高度化する車載ソフトウェア開発へのサポート体制を示す。

 ブースでは加えて、分散型電源を実現するプラットフォームや複数センサーでのリアルタイム環境モニタリングシステム、RTOSプラットフォームが採用された産業用ロボットや人工衛星などの事例も多数紹介される予定であり、同社製品・サービスが実現する安定性と信頼性は、医療機器や産業機器といった車載システム以外の組み込みシステムでも有効であることが実感できるはずだ。会期1日目の5月11日にはヘテロジニアスなハードウェア構成におけるソフトウェア開発手法について、同社最高技術責任者が解説するセミナー「スケーラブルなソフトウェア開発手法」(ES-16)も行われる。

 昨今は組み込みシステムのネットワーク化や高速な応答速度が求められる画像処理システム、ロボット技術活用といった分野などで、マルチコア/メニーコアプロセッサの活用が期待されており、同社ではマルチ/メニーコア対応RTOS「eMCOS」を中心としたマルチ/メニーコア技術の普及にも積極的に活動している。

 イーソルはRTOSをコアとしながら、開発ツール、各種ミドルウェア、製品サポートや受託開発などを含むサービスを統合化した、いわば「RTOSプラットフォーム」を提供しており、1975年創立と長い歴史を持つ。ESECでは「40年以上の技術・ノウハウを結集したイーソルのRTOS技術と先端技術をご覧ください」と、車載ソフトウェアのみならず、医療ならび産業機器の市場にも同社技術の有用性を訴求するとしている。

第19回 組込みシステム開発技術展(ESEC2016)、「第5回 IoT/M2M展」

会期: 2016年5月11日(水)〜13日(金)
時間: 10:00〜18:00(13日(金)のみ17:00に終了)
会場: 東京ビッグサイト
イーソル ブースNo.: 西 5-32

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.