ニュース
» 2016年05月06日 10時00分 UPDATE

工場ニュース:産業機械用軸受の一貫生産体制構築に向け、熱処理工場を増設

NTNは、NTN能登製作所に熱処理工場を増設すると発表した。これにより、能登地区における産業機械用軸受の一貫生産体制が確立する。

[MONOist]

 NTNは2016年4月7日、能登地区における産業機械用軸受の一貫生産体制を構築するため、NTN能登製作所に熱処理工場を増設すると発表した。

 同社は、リスク分散と大形軸受の生産強化のため、2007年から能登地区にNTN羽咋製作所、NTN宝達志水製作所、NTN志賀製作所、NTN能登製作所を設立してきた。

 能登地区では、産業機械用軸受の第2の生産拠点として、風力発電装置に使用する大形軸受や産業機械アフターマーケット市場へ向けた各種軸受などを生産している。

 軸受の製造工程は「鍛造」「旋削」「熱処理」「研削」「組立」の順に進行する。これまで能登地区には熱処理設備がなく、三重県桑名市の生産拠点に輸送して熱処理加工していた。今回、能登製作所の敷地内に熱処理工場を新設することで、能登地区における一貫生産体制が確立する。

 熱処理工場の延床面積は約6600m2。2016年7月に着工し、2017年の夏に稼働する予定だ。従業員は約20人でスタートし、事業とともに拡大する計画だという。

photo NTN能登製作所 熱処理工場(左)の完成予想図

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

工場 | 生産体制 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.