ニュース
» 2016年04月29日 06時00分 UPDATE

製造マネジメントニュース:“8年ぶり”最終黒字のソニー、アップルショックと熊本地震でエレキ4分野に暗雲 (1/3)

ソニーは2015年度決算を発表。売上高は微減したものの利益は大幅に改善。実質的な最終利益が黒字となるのは2007年度以来8年ぶりと好調だった。しかし「iPhone」の出荷数大幅減による「アップルショック」により、業績のけん引役だったイメージセンサーが軟調に。熊本地震の影響で他のエレクトロニクス分野の業績も悪化は避けられそうにない。

[朴尚洙,MONOist]
ソニーの吉田憲一郎氏 ソニーの吉田憲一郎氏

 ソニーは2016年4月28日、2015年度(2016年3月期)決算を発表するとともに、平成28年熊本地震による生産停止の影響などについて報告した。2015年度業績は、売上高が前年度比1.3%減の8兆1057億円にとどまったものの、営業利益は同約4.2倍の2942億円、税引前利益は同約7.6倍の3045億円、当期純利益は前年度の1260億円の赤字から1478億円の黒字となった。当期純利益が黒字になったのは、約2800億円の一時的利益を計上した2012年度以来3年ぶり。「この2012年度を例外として除いた実質的な最終利益が黒字となるのは、2007年度以来8年ぶり」(ソニー 代表執行役副社長 兼 CFO 吉田憲一郎氏)となる。

ソニーの2015年度連結業績概要 ソニーの2015年度連結業績概要(クリックで拡大) 出典:ソニー

 これまで課題として挙げてきた、「XPERIA」などスマートフォンを扱うモバイル・コミュニケーション分野、「プレイステーション(PS)4」などゲーム機とそのサービスを扱うゲーム&ネットワークサービス分野、「αシリーズ」などのデジタルカメラを扱うイメージングプロダクツ&ソリューション分野、薄型テレビ「BRAVIA」などを扱うホームエンタテイメント&サウンド分野、イメージセンサーを扱う「デバイス分野のエレクトロニクス5分野を合計した営業利益についても、2010年度以来5年ぶりの黒字化を果たした。

2015年度セグメント別業績 2015年度セグメント別業績(クリックで拡大) 出典:ソニー

 2015年度のエレクトロニクス5分野をそれぞれ見ると、構造改革が道半ばのモバイル・コミュニケーション分野と、スマートフォン市場の成長鈍化の影響でイメージセンサーの需要が想定よりも大幅に減少したデバイス分野は赤字だった。しかし、プレイステーション4が好調なゲーム&ネットワークサービス分野や、高付加価値モデルへのシフトに成功したイメージングプロダクツ&ソリューション分野、テレビ事業の分社化をはじめ早期に構造改革に取り組んだホームエンタテイメント&サウンド分野は大幅な増益を果たした。赤字2分野のマイナスを黒字3分野がカバーした格好だ。

モバイル・コミュニケーション分野の業績ゲーム&ネットワークサービス分野の業績 モバイル・コミュニケーション分野(左)とゲーム&ネットワークサービス分野(右)の業績(クリックで拡大) 出典:ソニー
イメージングプロダクツ&ソリューション分野の業績ホームエンタテイメント&サウンド分野の業績 イメージングプロダクツ&ソリューション分野(左)とホームエンタテイメント&サウンド分野(右)の業績(クリックで拡大) 出典:ソニー

 特にゲーム&ネットワークサービス分野については、PS4がハードウェア、ソフトウェアともに好調で、さらにPS4を端末として利用するネットワークサービスの売上高が大きく伸長している。2015年度は前年度の1.5倍になっており、今後は米国で開始したテレビサービス「PS Vue」も加えて、さらなる成長を見込む。「継続的に収益を生み出すリカーリング事業の中心的存在になってきた」(吉田氏)という。

四半期ごとのネットワークサービスの売上高推移 四半期ごとのネットワークサービスの売上高推移(クリックで拡大) 出典:ソニー
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.