ニュース
» 2016年05月09日 07時00分 UPDATE

FAニュース:画像認識で組み立て作業結果を自動チェックする作業支援カメラシステム

リコーインダストリアルソリューションズは、画像認識により、組み立て作業結果を自動でチェックできる作業支援カメラシステム「RICOH SC-10A」を発表した。カメラに画像認識とアプリケーションを内蔵した、一体型システムとなる。

[MONOist]

 リコーインダストリアルソリューションズは2016年4月28日、画像認識により、部品などの組み立て作業を自動でチェックし、欠品や作業ミスを防止する、作業支援カメラシステム「RICOH SC-10A」を発表した。配膳作業やダブルチェックなどの付帯作業も削減できる。

 RICOH SC-10Aは、カメラに画像認識とアプリケーションを内蔵した一体型システムとなる。PCは不要で、内蔵のアプリケーションは、マウス/キーボード/モニターのみで容易にセットアップできる。

 さらに、部品のシリアルナンバーや組み立て状態の画像などをSDカードやネットワーク上の共有フォルダに収集し、実績データや画像データとして記録できる。これらのデータは、作業分析やトレーサビリティなどに活用できるという。また、付属のPCソフトウェアを使用すれば、Microsoft Officeで作成された作業指示書データを同システムに最適化した画像データに変換できる。

 設置距離は400〜800mmで、設置距離800mmの時に水平600×垂直300mmの視野を確保した。外形は、幅78×高さ73.5×奥行き126.5mmとなっている。同社では、計測器や電子機器など、少量多品種で製造するユーザーを対象に導入を進め、年間600台の販売を目指すとしている。

photo RICOH SC-10A

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

画像認識 | リコー | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.