ニュース
» 2016年05月09日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:ディープラーニング導入用に検証済みのハードやソフトを提供するシステム

ネットワールドは、GDEPソリューションズと提携し、ディープラーニングの運用に必要なハードウェア、ソフトウェアを、検証・サイジング済みの状態で提供する、コンバージド・システムを発表した。

[MONOist]

 ネットワールドは2016年4月21日、ディープラーニング向けコンバージド・システム「Networld Deep Learning One-stop Solution(Networld DLS)」を、今夏をめどに提供すると発表した。

 同システムは、NVIDIAのGPUコンピュータにネットワーク、ストレージ、開発キットなどのソフトウェアをパッケージ化したもの。NVIDIAの日本で唯一の「Elite Solution Provider」として、NVIDIA GPU関連製品を提供しているGDEPソリューションズと提携し、開発した。

 ディープラーニングシステムでは、ハードウェアとして、GPUを搭載した高性能なコンピュータを必要とし、ネットワーク、ストレージにも高い性能が求められる。また、ソフトウェアとして、フレームワークや開発キット、GPUトレーニングシステムなどが必要となる。

 これまでは、これらのハードウェアやソフトウェアをユーザーが選定し、提供ベンダーごとに発注しなければならず、そのためサポート窓口が複数存在するような状況も多かった。さらに、選定した組み合わせで、想定するパフォーマンスが得られるかどうかを事前に検証することは、ほぼ不可能だった。

 Networld DLSは、ディープラーニングの運用に必要なハードウェア、ソフトウェアを、検証・サイジング済みの状態で提供。ユーザーは、コンピュータ、ストレージ、ネットワークの選定時間が不要になり、構築後のパフォーマンスに対する不安も解消され、ディープラーニング環境を短期間に導入できる。その他、サポート窓口が一本化されることにより、システム管理者の負担も軽減される。

 今後、同社では画像解析、音声解析、自然言語処理など目的別のディープラーニング用APIを国内外から調達してNetworld DLSに搭載し、コンバージド・システムによるソリューションの拡充を図るとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.