ニュース
» 2016年05月09日 08時00分 UPDATE

車載ソフトウェア:JasParが新体制へ移行、代表理事にトヨタ常務役員の奥地弘章氏が就任

自動車メーカーや大手ティア1サプライヤなど140社が参加する国内の車載ソフトウェアの標準化団体JasParが新たな運営体制を発表。4人の理事のうち3人と監事が交替するとともに、新理事であるトヨタ自動車 常務役員の奥地弘章氏が代表理事に就任した。

[朴尚洙,MONOist]
JasParの代表理事に就任したトヨタ自動車 常務役員の奥地弘章氏 JasParの代表理事に就任したトヨタ自動車 常務役員の奥地弘章氏

 自動車メーカーや大手ティア1サプライヤなど140社が参加する国内の車載ソフトウェアの標準化団体JasParは、2016年4月1日付で新たな運営体制になったと発表した。新体制では、4人の理事のうち3人と監事が交替するとともに、新理事のうち1人が代表理事に新たに就任。さらに、JasParにおける標準化や研究開発活動を統括する運営委員長と2人の副運営委員長も新任とする人事も内定した。

 新たに理事となったのはトヨタ自動車 常務役員の奥地弘章氏、日産自動車 アライアンスグローバルダイレクター/VPの吉澤隆氏、本田技術研究所 執行役員 上席研究員の幅口正幸氏の3人。奥地氏は、2016年4月4日付で代表理事に就任している。もう1人の理事には、豊田通商 執行役員兼豊通エレクトロニクス 社長の青木厚氏が留任した。監事には、トヨタ自動車 電子プラットフォーム開発部長の橋本雅人氏が新たに就任する。

 2009年7月からトヨタ自動車の畔柳滋氏が務めてきた運営委員長は、本田技術研究所の橋本寛氏が新たに就く。副運営委員長も、トヨタ自動車の伊藤良氏、日産自動車の井野淳介氏が新任となる。事務局長も新任で、豊通エレクトロニクスの柿原安博氏が就任する。なお、運営委員長、運営副委員長、事務局長は、2016年6月実施予定の理事会で承認の後、正式就任となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.