ニュース
» 2016年05月09日 16時00分 UPDATE

「どこから見ても自分を見てる」ディスプレイ、産総研が開発

産業技術総合研究所が「360度どの方向から見ても、正面から見たように見えるディスプレイ」を開発した。まずは駅や病院などの情報表示用として、に2年以内の実用化を目指す。

[渡邊宏,MONOist]

 産業技術総合研究所(産総研)は2016年5月9日、360度どの方向から見ても正面から見たように見えるディスプレイのプロトタイプを開発したと発表した。まずは公共施設などのディスプレイを対象に、2年以内の実用化を目指す。

 このディスプレイは設置場所の内部に特殊なレンズ構造を用いることで、利用者から見て柱の内部に、正面から見たかのように見える表示面を作り出す。動力を利用していないが、利用者やディスプレイが移動しても、利用者にあわせて表示面の向きが変わるような効果を得られる。

photo 産総研の開発した技術を用いた場合の視覚効果(出展:産総研)

 構造的にはサイズ制限もほぼないため、手のひらサイズからビル壁面までさまざまな大きさでの実用化が期待できる。産総研では民間企業への技術移転を進め、2020年には駅や病院などでの情報提供や宣伝広告用の表示装置、パブリックビューイング用大型ディスプレイなどへの実用化を図る。

関連キーワード

産総研 | ディスプレイ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.