ニュース
» 2016年05月10日 07時00分 UPDATE

FAニュース:絶縁性の高い新セラミック材を採用した、モーター用玉軸受を発売

ジェイテクトは、転動体である玉に、従来よりも熱膨張が内外輪材に近い材料を採用した「モーター用新セラミック玉軸受」を発表した。温度変化による内外輪と玉のすきま変化を小さくし、幅広い温度環境へ対応できる。

[MONOist]

 ジェイテクトは2016年4月19日、転動体である玉に、従来よりも熱膨張が内外輪材に近い材料を採用した「モーター用新セラミック玉軸受」を発表した。同年6月に量産を開始する。

 電動モーターは、動作中に高周波電流による有害な電圧が発生し、一定量を超えると転がり接触部分の薄い油膜を通じて、軸受内で放電を起こす。この時、局部的に軸受の転動面などが融解する現象が発生し、軸受の寿命を低下させる原因になっているという。

 新製品では、玉材料に、窒化けい素と同等の絶縁性を備えた新セラミック材を採用。窒化けい素は従来の玉材料で、軸受の絶縁対策として最も信頼性が高いとされている。

 また、新セラミック材は、温度を1℃上げた時の物質の長さの増加量を示す線膨張係数が、内外輪材に使用される金属に近いという特性を持つ。同特性により、温度変化による内外輪と玉のすきま変化を従来よりも小さくでき、幅広い温度環境に適応できるという。

 同社では、主に産業機械用モーターメーカーを対象とし、年間20万個の販売を目指すとしている。

photo モーター用新セラミック玉軸受

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.