ニュース
» 2016年05月11日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:拡張現実プラットフォームがARヘッドセットに対応

PTCジャパンは、米PTCの拡張現実(AR)プラットフォーム「Vuforia」が、Microsoft HoloLensに対応したと発表した。HoloLensと組み合わせることで、3D可視化データを容易に拡張し、どのような環境でも実寸大で可視化できる。

[MONOist]

 PTCジャパンは2016年4月15日、米PTCの拡張現実(AR)プラットフォーム「Vuforia」が、ARヘッドセット「Microsoft HoloLens」に対応したと発表した。

 Vuforiaは、モノ(物体)とバーチャルエクスペリエンス(体験)を結び付ける機能を備え、さまざまなコンシューマ製品や工業製品の3D可視化に利用されている。さらに同機能は、製品や機械設備の使用・保守点検の際に、バーチャルアシスタントとして段階的な手順を提供し、技術者向けのマニュアル類への依存度を低減できるという。

 今回、VuforiaがMicrosoft HoloLensに対応したことで、3D可視化データを容易に拡張し、どのような環境でも実寸大で可視化することが可能になった。これにより、没入感のある、より現実的な視覚体験ができる。

 PTCでは、2016年3月に開催された「Microsoft Build 2016」で、営業担当者が顧客にキャタピラーの「マルチテレーン ローダー」の3Dデータを見せるというデモンストレーションを行った。デモンストレーションでは、Surfaceタブレットを使って資料上にVuforiaでローダーの3D可視化データを生成。その後、顧客がHoloLensを着用することで、ステージ上に実物大のローダーを出現させた。

 同社では、今春より、HoloLens対応の「Vuforia SDK」を開発者向けに提供する予定だ。

関連キーワード

3D | 拡張現実 | 製造ITニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.