ニュース
» 2016年05月11日 18時08分 UPDATE

ESEC2016:監視システムを組み込み技術で「インフラレス」に、東芝が参考展示

東芝がESEC2016にて、バッテリー駆動も可能な「自律型インフラレス監視システム」を参考展示した。画像認識LSI「Visconti」と組み込み画像認識ミドルウェア「CVNucleus」によって実現した。

[渡邊宏,MONOist]

 東芝は「第19回 組込みシステム開発技術展(ESEC2016)」(会期:2016年5月11〜13日)の同社ブースにて、スタンドアロンでの運用が可能な「自律型インフラレス監視システム」を参考展示した。

「自律型インフラレス監視システム」 ESECにて東芝の展示している「自律型インフラレス監視システム」のカメラ
photo「自律型インフラレス監視システム」による侵入検知の例 侵入検知の例。ステレオカメラで距離を検出しており、接近する人物がしきい値を超える距離に近づくとこれを検出し、検出した映像を外部へ出力する

 これはステレオカメラを搭載した監視カメラの本体内に、人物検知や立ち入り監視などの機能を同社画像認識LSI「Visconti」と組み込み画像認識ミドルウェア「CVNucleus」によって実装しており、通知する必要のある事柄が発生したときだけ、検出自画像をスマートフォンなどの外部デバイスに送信する。

 監視カメラ映像を集積・管理・蓄積するサーバ(ネットワークレコーダー)にて全て処理するのではなく、エンドデバイスであるカメラ側である程度の処理を行うというアプローチは他社でも取り組みが見られる(関連記事:「守り」から「攻め」に変化する監視カメラ、その展望と課題)

 同社では画像認識LSI「Visconti」と組み込み画像認識ミドルウェア「CVNucleus」によって、差別化要因となる、本体の小型化とバッテリー駆動も可能な省電力化を実現したとしており、ESEC来場者の反応などを見ながら製品化を検討するとしている。

初出時「CVNucleus」の表記に誤記がありましたので訂正しました(2016/05/13 14:30)

関連キーワード

ESEC | 画像認識 | 組み込み | LSI | ミドルウェア | IoT


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.