ニュース
» 2016年05月12日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:第2センター完工により、金銀滓の受け入れ・処理量が世界最大に

三菱マテリアルは、直島製錬所第2金銀滓センターを完工した。金銀滓(E-Scrap)の受け入れ・処理能力がさらに拡大し、グループ企業と合わせて年間約14万tと、世界最大規模になる。

[MONOist]

 三菱マテリアルの金属事業カンパニーは2016年4月14日、直島製錬所第2金銀滓(さい)センターを完工したと発表した。

 金・銀・銅・パラジウムなどの有価金属を多く含有する、各種電子機器類の廃基板は金銀滓(E-Scrap)と呼ばれ、注目を浴びている。また、その発生量は家電などのリサイクル率向上に伴い、国内外で拡大基調にある。

 同社の直島製錬所(香川県直島町)は、優れた環境負荷低減効果を誇るユニークな銅製錬技術「三菱連続製銅法」を強みに、金銀滓の受け入れ・処理事業の拡大を進めてきた。2010年度には年間約3万tであった受け入れ・処理量を、2014年度には約8万tに伸ばし、さらに今回の第2センター完工により、年間約11万tに増強した。グループ企業である小名浜製錬と合わせると、年間約14万t(現行比+約3万t)で、世界最大規模になるという。

photo 竣工式
photo 建屋外観
photo 直島製錬所の金銀滓処理量の推移・目標

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.