ニュース
» 2016年05月16日 07時00分 UPDATE

FAニュース:リニアサーボシステムにセンターマグネット/ツインタイプを追加

山洋電気は、リニアサーボシステム「SANMOTION」のラインアップに、センターマグネットタイプとツインタイプを追加した。両製品とも、25Gの加速度を達成している。

[MONOist]

 山洋電気は2016年4月25日、リニアサーボシステム「SANMOTION」のラインアップに、センターマグネットタイプとツインタイプを追加したと発表した。半導体製造装置や液晶ディスプレイ製造装置、チップマウンタ、ボンダ、搬送装置などの用途向けで、同年6月1日に発売する。

 今回開発された新製品は、いずれも25Gの加速度を達成し、類似形状のコア付型リニアサーボモータでは業界トップの性能になるという。装置の駆動を高速化できるため、タクトタイムの短縮と生産性向上に貢献できる。

 センターマグネットタイプは、モーター自身が磁気吸引力を打ち消すため、装置の構造を簡素化できる。また、同社従来品に比べ、センターマグネットタイプは30%、ツインタイプは12%小型化。推力は、それぞれ従来比42%および13%向上した。

 マグネットレールの長さは、センターマグネットタイプは128/256/512mmの3種、ツインタイプは64/128/256/512mmの4種をそろえた。リニアモータコイルの最高速度は、センターマグネットタイプが2.5m/s、ツインタイプが3.0m/s。価格はオープンとなっている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

マグネット | 電気 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.