ニュース
» 2016年05月19日 11時55分 UPDATE

「ロボアプリ開発者100倍増」狙い、PepperがAndroid対応

PepperがAndroid環境に対応。Androidアプリの実行が可能となる他、開発環境「Android Studio」からのロボアプリ開発も可能となる。

[渡邊宏,MONOist]
photo ソフトバンクロボティクス 代表取締役社長 冨澤文秀氏

 ソフトバンクロボティクスは2016年5月19日、「Pepper」がAndroid環境に対応を発表した。Androidアプリ実行のみならず開発環境も対応することで、現在は数千名規模といわれてるロボットアプリ開発者の大幅増を見込む。

 Android対応Pepperは2016年7月に開発向けを先行販売、2016年度内に一般販売を予定する。この対応モデルではAndroidアプリの実行が可能となり、Androidアプリ開発環境の「Android Studio」上では提供されるプラグインの導入によって、Pepperアプリの開発が可能となる。

 PepperはOSに「NAOqi」を採用しており、これまではNAOqiにネイティブなアプリケーションを開発環境「Choregraphe」にて作製してきた。今回の対応によって、AndroidアプリがNAOqi上で実行可能となり、また、Android Studioにてロボットアプリが開発可能となることから、同社では現在は数千名規模といわれてるロボットアプリ開発者の大幅増を見込めるとしている。なお、既存開発環境であるChoregrapheの提供も継続される予定。

photo Android対応Pepper(試作機)。タッチパネルにはドロイド君やChromeのアイコンが見える
photo Android開発者をとり込むことで「開発者数100倍」を狙う

 Android対応Pepperでは「基本的にAndroidアプリがほぼ動作」(同社)し、Android Studioでのアプリ開発については新たに提供されるプラグイン「Pepper SDK for Android Studio」の導入にて可能となる。アプリストア(Google Play)からのアプリ配信にも対応する予定だ。

Android Studioを用いたPepperアプリ開発 Android Studioを用いたPepperアプリ開発

 既存PepperのAndroid対応サービスも後日提供する。ハードウェアの一部変更が必要になることから、ピックアップを含めた対応となる見込み。

関連キーワード

Android | Pepper | ロボット開発 | Androidアプリ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.