ニュース
» 2016年05月19日 14時00分 UPDATE

自動運転技術:ヤマハ発動機のバイク運転ロボ「MOTOBOT」がロッシと遭遇、秘密兵器も開発中?

ヤマハ発動機が、ヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」の映像の続編を公開。既にサーキット内の自律走行が可能な段階まで開発が進んでいるMOTOBOTが、目標とする“史上最強のライダー”バレンティーノ・ロッシ(MotoGPレーサー)と初対面するという内容になっている。

[朴尚洙,MONOist]

 ヤマハ発動機は2016年5月19日、「東京モーターショー2015」で公開したヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」の映像の続編を公開した。既にサーキット内の自律走行が可能な段階まで開発が進んでいるMOTOBOTが、目標とする“史上最強のライダー”バレンティーノ・ロッシ(MotoGPレーサー)と初対面するという内容になっている。

「MOTOBOT」とロッシが初対面する 「MOTOBOT」とロッシが初対面(クリックで拡大) 出典:ヤマハ発動機

 映像のタイトルは「MOTOBOT Meets The Doctor」で、MOTOBOTの開発に用いられているサーキットにロッシが訪れるところから始まる。実際に、同社の二輪車「YZF-R1M」を乗りこなすMOTOBOTを見て興味津々のロッシは、MOTOBOTの開発者を質問攻めに。

「MOTOBOT」の開発者を質問攻めするロッシ 「MOTOBOT」の開発者を質問攻めするロッシ(クリックで拡大) 出典:ヤマハ発動機

 開発者によれば、既にサーキット内の自律走行が可能なMOTOBOTだが、より深いバンク角で走行できるように格納式アウトリガーを開発しているところだという。

開発中の格納式アウトリガー 開発中の格納式アウトリガー(クリックで拡大) 出典:ヤマハ発動機

 そして開発者から「あなたへの挑戦を認めてくれるならぜひサインを」と依頼されたロッシは、MOTOBOTのヘルメットのサンバイザー上部に「Forza Motobot!」というメッセージとともにサインを入れる。そして「MOTOBOTのために僕の走行データも取るかい?」と提案するのだった……。

「MOTOBOT」のヘルメットのサンバイザー上部に書かれたロッシのサイン 「MOTOBOT」のヘルメットのサンバイザー上部に書かれたロッシのサイン(クリックで拡大) 出典:ヤマハ発動機

関連キーワード

ヤマハ発動機 | ロボット | 自動走行車


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.