ニュース
» 2016年05月24日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:月額500円から利用できる法人向けIoTクラウドサービスを提供開始

ソフトバンクは、法人向けに月額500円で利用可能な「IoTクラウドサービス on CONNEXIVE」の提供を開始した。IoT導入に必要な機能をはじめ、機器データ収集、見える化、アラート通知機能をワンストップで提供する。

[MONOist]

 ソフトバンクは2016年5月11日、法人向けに月額500円で利用可能な「IoTクラウドサービス on CONNEXIVE」の提供を開始した。

 同サービスは、IoT(モノのインターネット)を始めるにあたって「まずは使ってみたい」「コストを低く抑えたい」というユーザーに、機器データ収集、見える化、アラート通知の機能を、IoTゲートウェイからデータセンター側のアプリケーションまでワンストップで提供するものだ。

 IoTの導入に必要な機能をクラウドサービスとして提供するため、個別の開発コストなしに容易にIoTを導入できる。対応IoTゲートウェイ内のソフトウェアが、センサーや機器から収集した生データを可視化できる値に変換し、アプリケーションプラットフォームのテンプレートを用いて、グラフや表、地図上で「見える化」することが可能になる。

 さらに、あらかじめ設定した閾値を超えた場合のアラート通知機能によって、故障などの検知も容易になり、作業工数が削減できる。

 ユーザーはIoTゲートウェイ1台からでも簡単にIoTサービスを利用することが可能だ。アプリケーションのプラットフォームをソフトバンクのクラウド上で運用し、閉域網で接続することで、セキュアな利用環境も提供される。

 利用料金はIoTゲートウェイ1台あたり月額500円となっている(税別。データ送信間隔10分、データ保持期間を60日とした場合の金額)。センサーなどの機器、IoTゲートウェイ、モバイル通信料金は含まれない。

photo サービス構成図

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.