ニュース
» 2016年05月26日 07時00分 UPDATE

FAニュース:従来比2倍の積載荷重を可能にしたテーブル形横中ぐりフライス盤を発売

東芝機械は、閉回路型静圧装置を採用したテーブル形横中ぐりフライス盤「BTH-130.R24」を発売した。テーブル積載荷重を従来の2倍となる40tまで増強できる。

[MONOist]

 東芝機械は2016年5月10日、高荷重ワークに対応した、テーブル形横中ぐりフライス盤「BTH-130.R24」を発売した。テーブル積載荷重を従来の2倍となる40tまで増強できる。

 同製品は、重量物支持装置を用いた閉回路型静圧装置を採用している。従来の開放型静圧装置は、装置が大型化する傾向にあり、大型特殊機が中心だった。新静圧装置は、従来の動圧摺動面に追加できるため、汎用機である同製品への搭載が可能になった。

 新静圧装置を採用したことで、従来20tだった最大積載質量は40tまで増量。また、段階的に荷重サポートすることで、金型などの無垢材を使用した重量ワークの加工にも対応できる。

 さらに、静圧油を大気開放して回収する必要がなくなった。閉回路内で静圧油を使用するため、大気開放による油の劣化がなく、静圧油の使用量も低減できるとしている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

フライス盤 | 東芝 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.